風の森動物病院

Tel: 029-896-5882

食べられない!

『いつも、フードを催促するのに、ここのところあまり食べないな??』

食欲不振は、さまざまな病気でみられる症状です。

嘔吐、下痢、疼痛など、他に症状がある場合は、それらに対処して、改善されることと思います。

歯周病、口内炎など、口腔内に問題があるときの食欲不振は、いくつかの特徴がみられます。

1. フードを口にするが、一口二口で、急にやめる。

2. においを嗅いだり、興味は示すが、食べるのに躊躇するように、フードの前で、とどまる。

3. 食べるのに、時間がかかる。

4. 休みながら食べる。

5. 食べこぼす。

などは、比較的わかりやすい、症状だと思います。

特に、高齢なイヌやネコは、年齢のせいで食べられないのではなく、口が痛くて食べられないことも、多くあります。歯の治療は、多くが麻酔を必要とします。そのため、高齢な患者さんのリスクは大きくなります。しかし、きちんとケアーをしてあげることで、治療を受けられます。当院で、歯科治療を受ける患者さんは、イヌでは、8歳?12、13歳ぐらい、ネコでは10歳?14歳ぐらいで受診される方が多いです。

歳だからね、とあきらめずに、気になる症状があるときは、ぜひ、ご相談ください。いつまでも、美味しくごはんが食べられますように***

8歳のミニチュアダックスフントさん。

頬の腫れが気になり、来院されました。重度の歯周病でした。