** Topic 2011年 11月**

 

●これはなんだ?


 写真は、小型犬のお口の中です。


 










右側の下顎の臼歯ですが、歯石の付いた歯の下に茶色いものが??

飼い主さんから思わず、『これ、なんですか!?』との、ご質問。

これ、全部よごれ、歯垢です。

この患者さんは、痛んでしまった歯牙を抜歯して、ただれてしまった口腔内を洗浄。複数の歯を、抜歯しましたが、麻酔から覚め、痛む様子もなく、元気にすっきりして様子(主観的な感想ですね。)で、退院されました。

とても、美味しくご飯を食べてくれるのことでしょう。

歯周病は、歯の汚れということだけではなく、歯を支える歯周組織の痛みと、広くは下や口腔内全体がただれてしまい、強い痛みを引き起こします。

歯周病治療後の数か月後の検診で、『歯を、治療したら、とっても元気になりました。びっくりするぐらい活発になったっんですよ。』と、お話しを聞きます。長い間続いていた痛みが、スカッと秋晴れかの如く、とれたのでしょうね。元気な姿とともに、飼い主さんがとてもうれしそうで、こちらも、とてもうれしくなってしまいます。